豊中市 学習塾ペガサス 豊高前教室 様のテントクリーニング

ペガサス豊高前 黄色テントの学習塾 日焼けによる退色、汚れから守ろう

学習塾ペガサス豊高前のテント正面、洗浄前の状態

豊中駅(阪急宝塚線)と小路駅(大阪モノレール)とちょうど中間地点に位置する学習塾、ペガサス豊高前さんに伺いました。

地元の豊中高校から目と鼻の先にある黄色いテントが目印。

小学生から高校生まで、個別指導サポートで自ら考える力を育む教育を提唱されております。

そんなペガサスさんの店舗テントは内照式です。

テントの内側から照明をつけると、その灯りがテントの外側に透過するというタイプ。

通常の生地では照明は通り抜ける事が出来ないので、日が暮れると見えませんが、このタイプは提灯の様に浮かび上がるのです。

しかしながら塾長さん、

このテント、少し色ツヤに元気がなくなってきたな~

と感じられるようになり、張替えや交換コストは…と検討されていたところに弊社のWEBページにお立ち寄り頂き、モノは試しとご相談…に至りました。

冒頭でもご覧頂きましたが、現状のテント(ビフォー)はこんな感じです。

学習塾ペガサス豊高前のテント、斜めアングルより洗浄前の状態

路面店で周りに障害物も無いため、直射日光ビシバシです。

視認性は高いのですが、もちろんその分劣化しやすい…。

設置時を拝見したわけではありませんが、退色が幾分進み、そこに汚れが加わっております。

最大の難点はこの道、交通量が非常に多いんですね。

テントの横幅が長い為に、両サイドから作業しても真ん中の部分には届かない(泣)。

だから合間を縫って、道路際での作業を余儀なくされるんです。

真ん中エリア、要注意です!

色ツヤ復活の洗浄&特殊コーティング 色褪せや劣化テントの救世主

学習塾ペガサス豊高前のテント天井部、洗浄前の状態

そんなこんなでテントクリーニング、まずは洗浄編からはじまりはじまり~♪

天井面のみインク塗装されていないので白(汚れてますが..)でした。

通りの車の往来が非常に激しい立地上、雨、日光、排気ガスが容赦なく降り注ぎ、テント日焼けによる劣化や汚れが刻まれております。

難しいミッションなので、2人がかりで進めていきますよ~。

まず洗浄前。

ここまで挙げた画像が全て当てはまりますが、作業を進めて見比べた方が断然分かりやすい。

画像右側から洗っているますので、スタッフの左サイドのテント表面には、汚れが付いているのが分かりますかね?

テント天井部の洗浄風景

逆に天井部は左側から進めていっております。

まだ一部のみですがこれだけ汚れているんです。

店舗テント左右で洗浄効果を比較

左が洗浄後、右が洗浄前です。

専用の洗浄液で表面の汚れを落としてみると、歴然ですよね。

下からみたテント洗浄風景

下から見てもうっすら確認出来るでしょ?

続いて洗浄後の状態。

洗浄完了後のテント天井部の様子

同じく以下、サイン面の洗浄完了後の模様。

遠目にも汚れのスジが消えているのが確認出来ますね。

店舗テントサイン部の洗浄効果

上の洗浄後と見比べても少し分かりづらいでしょうが、コーティングが完了した状態です。

画像では伝わりにくいですが、テント生地表面の毛羽立ちが収まり、コーティングされる事で滑らかになります。

雨も汚れもテント自体に直接付着する事なく、長期間守ってくれるのです。

おっとお日さま…UVからも守られるので、劣化状況も一旦今のレベルから進行が妨げられるのです。

これは実際に濡れ雑巾などでテント表面をなでてみると、その差に驚いていただける程。

コーティング前はザラザラ、雑巾を移動させようとすると凄い抵抗が手の平に伝わります。

でもひとたびコーティングを行えば、ツーっと平滑になります。

一つ層が出来てるんですね。

これが…保護膜っちゅうヤツです!

脳に汗をかかせる自立型個別指導で受験に必要な「課題解決力」を!

↓気になる学習塾、ペガサス豊高前さんのWEB情報はコチラ↓

http://www.juku-pegasus.jp/school/toyokou-mae/

追記:これが内照式テントの素晴らしい点 夜の学習塾ペガサス豊高前さん

作業完了後、嬉しいことに夜間の店舗の様子を送ってくださいました。

内照式、ご存知ない方にもビジュアルでお届けしますね。

他にもテントクリーニングの模様をチェックする

コメントは受け付けていません。