ウイルス感染症を乗り切る 大阪発 低コストで持続可能な 有効予防策

新型コロナウイルス対策 アルコールと次亜塩素酸水の除菌が日常化する社会

コロナウイルス感染防止の為、手洗いやうがいがこれまで以上に重要視される社会

コロナウイルス感染の終息に目途が立たず、ワクチン普及時期も定まらない今、皆さまはご家庭、仕事場などでどのような対策を講じておられるでしょうか?

マスクの着用をはじめ手洗いやうがいなど、アフターコロナの生活では既にニューノーマルと呼ばれた日常のルーティーンが当たり前になってきております。

その他にもスーパーやショッピングモールなど、日々不特定多数の集まる店舗の入り口では、アルコールや次亜塩素酸水による除菌方法を取り入れ、スプレーを設置し来店時の使用を促しているのは良く見る光景となりました。

弊社でもこれまで空間の除菌消毒サービスについて、沢山のお問い合わせ、要請を頂き施工して参りましたが、問題はその効果が2週間程度の短期間に留まってしまう点がネックでした。

ウイルス対策に強み 1度の施工で5年間の抗菌・抗ウイルス効果が持続

現在、弊社では大阪を中心に奈良およびその他エリアにて、この除菌消毒サービスに加え、新たに “抗菌・抗ウイルスコーティングサービス” をご提供しております。

その効果は、ニオイ(防臭)、ヨゴレ(防汚)、カビ(防カビ)にもおよび、5年間持続する為、

コロナやノロといったウイルスやばい菌が付着しない=寄せ付けない環境づくり

の柱として、特に飲食店をはじめ事務所など感染症リスクの大幅低減させる施策として採用されております。

薬液の成分につきましても、人体への悪影響がない上、電車やバス、タクシー等の車内、大規模商業施設などの大手でも安心して積極的に採用されているのが現状です。

新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省HPより引用

コロナで外出自粛に営業時短 経済か命かの2択じゃない死活問題を抱える業界

コロナウイルスの影響が長期化し、不況の波が経済に大きく暗い影を落としています。

国からは一時的に助成金などの対策があるものの、医療崩壊やロックダウンといった感染拡大の先に見え隠れするリスク焼け石に水。

リモートなど外出を自粛しながら継続可能な業種はまだしも、飲食店や美容室、ネットカフェにカラオケボックス、スポーツジムに映画館、それにホテルや旅館等の宿泊施設、老人ホーム等の介護施設。

このように多くの店舗・業態が死活問題に直面し、中にはあえなく倒産の憂き目に合うところが続出している状況です。

三密を避け、ソーシャルディスタンスを徹底する、フェイスシールドの着用を義務付ける…本業を継続する為の負担が否が応でも増加します。

抗菌・抗ウイルスコーティング施工には、ウイルス感染リスクを大幅に低減する効果が長期にわたり維持出来ます。

難局に臨まれる皆さまにとって微力ではございますが、弊社も側面からサポートさせていただければと存じます。

大阪・奈良のコロナ感染症対策 抗菌・抗ウイルスコーティング施工動画公開中!

お問い合わせ お見積り(無料)

大阪発コロナ感染症対策 店舗・自宅・オフィスの抗菌抗ウイルス化

空間の除菌消毒サービス概要はコチラ

感染症対策としての除菌消毒

トリプルエスの除菌消毒サービス

コメントは受け付けていません。