コバトパン工場様 テントクリーニング in 北区天満橋

パン好きが集う北区の人気店 お店テントをクリーニングで復活!

魅力的なカフェや飲食店がひしめく天満橋周辺。

その中にレトロ感漂う可愛らしいお店、コバトパン工場店さまへ行って参りました。

…と言っても私用ではなく、もちろんテントのクリーニングです。

前回のコバト836店さまにつづいての作業となります。

と言っても両者の距離は100メートルと離れておらず、道路に出さえすれば、互いの様子が分かります。

こじんまりした店内は人気の為、スグに混んじゃうみたいですが、テントクリーニングは定休の水曜日ですので気兼ねなく作業を進められます…なんて言ってると、観光目的の方(?)が撮影してたり、営業日と間違えて来店された方などからちょくちょくお声をかけられました。

「すみませ~ん、せっかくお越しいただいたのにお休みなんですよ~、僕、店の者じゃないんですけどね..」

なんて会話を挟みつつ、手は休めずみたいな感じでコチラのテントに付着した黒ずみ、コケなどの汚れを洗浄してきます。

カメラアングルを変えると、何やら上階のから雨だれでしょうか、錆がしたたり落ちてテント生地を侵食している様子。

恐らく繊維の内部まで入っているので、こうなると正直完全に落ちきることはありません。

染まってしまっていると考えて頂ければ良いかと…。

でも行けるとこまでキレイに仕上げていきましょう!

諸々の準備が出来たら早速始めていきます。

ビフォーの状態がこんな感じですが、伝わりにくいのでまずは半分だけクリーニングしてみると…?

ハイ! こんな感じで汚れも、そしてあれだけ強烈なサビも相当収まってくれております。

右半分がテントクリーニング済、左半分がビフォーの状態

正面からだとこんな感じです。

これが一番わかりやすいかも知れませんね。

そんな要領で、残り半分も仕上げていきます。

あれよあれよ、長年の汚れがほとんど落ちたことが伝わるでしょうか?

引きの画になると分かりにくくなりますが、キレイになった面が長く保たれるように、特別樹脂の2層コーティングで表面を守る作業工程を終了し完了となります。

ここから数年はまた汚れも付きにくく、そして落ちやすい状態がキープされるので、お店の雰囲気が明るく維持されることでしょう。

色とりどりのコッペパンが陳列されたショーケース

さて後日、個人的に836店様と工場店様の2店舗をハシゴさせて頂きました。

この様に小ぶりの可愛らしいコッペパンがズラリ!

フワッとした生地に挟まれたそれぞれの食材を楽しみましたが、中でもきなこの揚げパンが美味でございました。

コバトパン工場様の変わり種コッペパンが人気の秘密?!

店内も外観も灯りがともると一段と魅力アップですね。

可愛らしい外観はもはや観光スポット化

パン好きの方はぜひ一度訪れてみてください。

コメントは受け付けていません。