居抜き物件など前テナントの施設を流用して初期コストを抑えるコツ

コスパ最強!! 古くくたびれたお店のテントはここまでキレイにすることが出来る

入居前のお店が使っていたテントがあります。

ココで近々ビジネスをスタートされるお客様から、張替え費用を抑えるべくクリーニングのご依頼を受けました。

前の中央部にうっすら横文字のサインの様な跡があるのがお分かりでしょうか?

 

 

こちらには電話番号らしき跡も・・・。

当然このままでは使えませんね。

でも20万円もかけて張替えはあまりにも勿体ない・・・。

 

そこで弊社の出番なのです。

手前の部分がクリーニングを施した箇所です。

専用の洗浄剤で丁寧に汚れを落としていくと、この通り設置時により近い色が蘇ってきます。

気になっていた前のテナントの電話番号も消えていますよね?

 

最後の画像はピントが少しずれてしまいましたが、ここまでクッキリと違いが出る事を証明してくれます。

長年の雨やホコリ、排気ガスなどが入り混じった汚れを除去出来た証拠となりますが、それだけではまだ不十分。

 

キレイになったテントの表面を、弊社の特殊樹脂を塗布・乾燥させる事でコートするのです。

それも更に上塗りを重ねてWコーティング加工を施す事で、汚れ自体がテント表面に乗らなくなり、新品のような色つやが戻り長期間にわたり保たれるのが特徴です。

ここまででテント新設時の1/10のコストで行えるのが最大の魅力なのです。

 

仮に新しくテントを設置したところで、太陽の日差しは等しく残酷に降り注ぎます。

新設または、コーティングであろうが、表面の劣化は同じように進行するのです。

テントの劣化と共に定期的に新設を繰り返すか、はたまたクリーニング&コーティングで対応するか?

同様の効果でも両者には大きなコストの開きが生じてきますので、よくよくご検討くださいね。

 

コメントは受け付けていません。